New Heartbeat By KSUKE Vol.2

tokyoscene.jp WEB MAGAZINE 限定の特別企画 “NEXT SOUNDS”TOKYO SCENEがレコメンドする次世代を担うクラブシーンのクリエイターによるtokyoscene.jp 1ヶ月限定で楽曲をフリーダウンロード配信。

記念すべき第一回目は、2014年世界中のトップスターが名を連ねる「ULTRA JAPAN」においてメインステージ出演!という異例の大抜擢!現在はアメリカに活動の拠点を移して世界を股にかけて活躍するEDM DJ KSUKEをレコメン。

渋谷 CLUB HARLEM の3F、BX CAFEにてTOKYO SCENE DJ Bryan Burton LewisとKSUKEによる対談の模様と共にお届けします。

気鋭のEDMクリエイター、KSUKEが語る、DANCE MUSICに必要な要素とは?
その1「踊りやすいこと」、その2「攻撃力」、その3「テンションが上がる音楽であること」。

BRYAN「楽曲制作をする上で一番大事な作業ってなんだろう?」

KSUKE「もうこれは環境が一番!もちろんパソコンのスペックだったり、高いシンセを使うっていうのもあるんだけど、周りでサポートしてくれる人(=マンパワー)がいる環境がすごく大切。僕1人じゃ出ないアイディアを出してくれたり、僕もまだDANCE MUSICを作り出したばかりなので助言をくれたり、今までに無いアイディアを出してくれる、「スタッフの力」は、本当に大きな存在です。」

BRYAN「1人で音楽制作をしていると、煮詰まる時ってあるよね?作り出した作品がうまく転がらないとか。そういう時はどうしてる?」

KSUKE「僕、寝るのが大好きで。(笑)寝て1回脳内をリセットします。」

BRYAN「現実逃避だね。完全に。(笑)」

KSUKE「まさに現実逃避!風呂入るか。寝るか。完全にこの2択なんです。」

BRYAN「意外と曲作りって煮詰まらない時って、「すらすらすら〜」って出来る時あるよね?」

KSUKE「あるある!」

BRYAN「あの『降りてくる感じ』を維持出来る方法があったら知りたいよね?」

KSUKE「ホントにそう思います!気持ちよく曲が出来ている時って、気づいたら朝9時になってて、でも全然楽しくてまだ作ってて。駄目な時は全然出来なくて、イライラしか残らない。。。」

BRYAN「DANCE MUSICを作る上で一番大事な事ってなんだろう?」

KSUKE「特にフェスでPLAYするようなDANCE MUSICは、まず「踊りやすいこと」そして「攻撃力」、そして「テンションが上がること」。この3つがポイントです。」

BRYAN「なるほど。音色に関してはこだわりある?」

KSUKE「個人的に好きなのは『ブラス』の音。あとは『ベース』を『ベース』として使わず、『リードシンセ』として使ったり。」

BRYAN「すごく分かる!クラシックには弦楽器のようにDANCE MUSICはシンセだったり、電源を入れて使う楽器が重要になってくるんだよね。」

2F_floor3HARLEM(ハーレム)
1997年のオープン以来、日本における“HIP HOPの聖地”として支持され続けているHARLEMは、今日では日本はもとより海外でもその名を知られるようになっている。
住所:〒150-0044 東京都渋谷区円山町2-4 Dr. ジーカンスビル2・3F
TEL:03-3461-8806

OTHER ARTIST
続けて読みたい! あなたにオススメの記事