New Heartbeat By KSUKE Vol.3

tokyoscene.jp WEB MAGAZINE 限定の特別企画 “NEXT SOUNDS”TOKYO SCENEがレコメンドする次世代を担うクラブシーンのクリエイターによるtokyoscene.jp 1ヶ月限定で楽曲をフリーダウンロード配信。

記念すべき第一回目は、2014年世界中のトップスターが名を連ねる「ULTRA JAPAN」においてメインステージ出演!という異例の大抜擢!現在はアメリカに活動の拠点を移して世界を股にかけて活躍するEDM DJ KSUKEをレコメン。

渋谷 CLUB HARLEM の3F、BX CAFEにてTOKYO SCENE DJ Bryan Burton LewisとKSUKEによる対談の模様と共にお届けします。

気鋭のEDMクリエイター、KSUKEが語る、DANCE MUSICを作る上での「パッション=情熱」とは?
その曲をPLAYして、お客さんが踊っている景色をイメージして作らないと、いい曲は作れないと思うんです。

BRYAN「ダンスミュージックを作る過程において、『パッション(=情熱)』はやっぱり大事にしているもの?」

KSUKE「パッションというよりは『感覚』を大事にしています。『こうやったら楽しいだろうな。』『盛り上がりそうだな。』『こう作ったら気持ちいいだろうな。』と。『情熱』や『やる気』というよりは、まさに『感覚』や『直感』を大事にして作っています。」

BRYAN「なるほど。例えば、曲を作っている時、パーティーやフェスティバルのフロアにいるオーディエンスや、楽曲を聴いてくれるエンドユーザーの事はどのくらいイメージしている?」

KSUKE「かなりの割合を占めてイメージしています。自分が好きな音楽を作る事はもちろんなんですが、その前にやっぱり自分はDJなんで踊らせないと意味が無い。みんなを楽しませてなんぼの世界なんです。自分がDJをして、その曲をPLAYして、お客さんが踊っているっていうことを想像しないと。ゴールじゃないけど、その景色をイメージして作らないといい曲は作れないと思うんです。」

BRYAN「今の質問の順番を逆にしてみると、もしかしたらDANCE MUSICをクリエイトする時の「パッション」とは、ダンスフロアの最前列にいるお客さんの顔を思い浮かべる事なのかもね。」

KSUKE「確かに大きなフェスティバルでも自分がDJをしている時、一番前で踊っているお客さんの顔って、よく見えたりするんですよね。」

BRYAN「その顔を思い浮かべる事が出来るかどうか?が楽曲を作る上での「パッション」を左右するのかもね。」

KSUKE「まさにそうです。」

2F_floor3HARLEM(ハーレム)
1997年のオープン以来、日本における“HIP HOPの聖地”として支持され続けているHARLEMは、今日では日本はもとより海外でもその名を知られるようになっている。
住所:〒150-0044 東京都渋谷区円山町2-4 Dr. ジーカンスビル2・3F
TEL:03-3461-8806

OTHER ARTIST
続けて読みたい! あなたにオススメの記事