DO NOT LEAVE WET by Seiho Vol.2

tokyoscene.jp 限定の特別企画 “NEXT SOUNDS” TOKYO SCENEがレコメンドする次世代を担うクラブシーンのクリエイターによるtokyoscene.jp 10月4日までの1ヶ月限定で楽曲をフリーダウンロード配信。

今月のNEXT ARTISTはSeiho。2年連続でSonar Sound Tokyo、今年はフジロックにも出演。2 Many DJ’s、Capital Cities、Disclosure、Flying Lotusとも共演するなど、注目度急上昇中のビートメイカー兼DJ。クラブシーンのボーダーラインを軽く飛び越えたポップデュオ、Sugar’s Campaignのメンバーとしても活躍中。

表参道交差点にニューオープンした話題のクラブ、「ARC」で行われた、TOKYO SCENEのDJ Bryan Burton LewisとSeihoによる対談の模様と共にお届けします。

Seihoがクリエイティブを発揮出来る個人スタジオには、なぜか?レッドカーペットが敷いてある!?

2人: スミノフで乾杯ー!

BRYAN: 今日はSeihoのスタジオ作業の話に踏み込んで行くよ。まず楽曲制作は今、どこでやってるの?

Seiho: これまでは自宅だったんですけど、今は外にスタジオを借りてて、スタジオに籠って制作してます。

BRYAN: なるほど。今はパソコンで大部分作れる時代だよね。その昔はベッドルーム・ミュージックなんて言われてたけど、今はほとんど家で作れちゃう。これがキーワードになっている気がするんだけど。

Seiho: 確かに。制作している音楽を持ち運び出来るというのが大きいですよね。家はもちろん、ホテルでも海外でも、どこでも作れちゃうわけなんで。利便性としては抜群です。

BRYAN: スタジオで楽曲を作るのって集中力を高めたり、世界観が広がる可能性もあって、ある意味利点があった気がするけど、実際今はどこでも作れちゃうよね。家で作る音楽って、自分の「生活感」に近かったり、「インターネット・ネットライフ」に近かったりするの?

Seiho: それはありますね。家で作れるからこそ、逆に外の世界を空想しやすい、というか。でもホントの事を言うと、もっと外のスタジオで作りたいんですよね。最近特にそう思う。だからスタジオを作っちゃったんです。僕らってインターネット・ネイティブじゃないですけど、95年くらいに親にパソコン買ってもらってから、ずっと家でパソコンの前で作業してきてるから、ようやく外のスタジオで作りたい、と感じているんです。

BRYAN: それはホントにいいなと思う。僕ら世代はスタジオで作るっていうのが1つのステイタスだったんだよね。僕らおじさん世代のミュージシャンの1つの憧れでした。いいスタジオで制作した作品を世の中に送り出して、アーティストとして成長していくみたいな。ちなみにSeihoが今借りてるのはどんなスタジオ?

Seiho: 地下一階というラブハウスの上のepokというギャラリーに機材を持ち込んでスタジオにしちゃいました。下には赤の絨毯をひいて。でも大阪の地元なんで、仲間も勝手に集まってきちゃうし、夜中もドンチャン騒ぎ。でもみんなが帰った後やクラブに行った後も、家に帰らないでそのまま作業出来ちゃうのがいい!「地元でやって良かったな〜」と。

BRYAN: 分かるなー。クリエイティブなエネルギーって、実はパーティーの後や、友達と遊んだ後に生まれたりするよね。

Seiho: そうなんですよ!

BRYAN: それがスタジオを作った事によってスムーズに出来るのはいいよね。

BRYAN: ちなみに、どうでもいいんだけど、赤の絨毯はなんでなの?

Seiho:実はあれ、ギャラリーにそのままあったんす。。。

BRYAN: セレブみたいにレッドカーペットを引いちゃったんじゃないんだ!!

Seiho: ハイ!(笑)

BRYAN: (笑) 今度は機材の話をしたいんだけど、今はどんなのを持ってるの?

Seiho: 今は、タクシーのトランクに乗るサイズの機材のみにしています。例えばシンセサイザーのProphet’08とかMIDIコントローラとか。

BRYAN: 機材って高いイメージだけど、一番高いのは?

Seiho: え〜、50万のマイク・プリアンプですかね。

BRYAN: それ、今度貸して!(笑)。ちなみにお金が入るようになったら、どんな機材が欲しいの?

Seiho: リバーブです!今までパソコン上のプリセットのリバーブだったんだけど、今は、アナログのリバーブが欲しいです。

BRYAN: じゃあ今回の「DO NOT LEAVE WET」をみんなにダウンロードしてもらって買えるようにしたいね!

Seiho: フリーダウンロードじゃないっすか!!

BRYAN: あ、そうだ。。。

OTHER ARTIST
続けて読みたい! あなたにオススメの記事