DO NOT LEAVE WET by Seiho Vol.4

tokyoscene.jp 限定の特別企画 “NEXT SOUNDS” TOKYO SCENEがレコメンドする次世代を担うクラブシーンのクリエイターによるtokyoscene.jp 10月4日までの1ヶ月限定で楽曲をフリーダウンロード配信。

今月のNEXT ARTISTはSeiho。2年連続でSonar Sound Tokyo、今年はフジロックにも出演。2 Many DJ’s、Capital Cities、Disclosure、Flying Lotusとも共演するなど、注目度急上昇中のビートメイカー兼DJ。クラブシーンのボーダーラインを軽く飛び越えたポップデュオ、Sugar’s Campaignのメンバーとしても活躍中。

表参道交差点にニューオープンした話題のクラブ、「ARC」で行われた、TOKYO SCENEのDJ Bryan Burton LewisとSeihoによる対談の模様と共にお届けします。

灯台の光が当たった後って、暗くなるじゃないですか、次の光がくるまで。それでもその暗い時を怖れずにいたいな、と。

2人: スミノフで乾杯ー!

BRYAN: フリーダウンロード中のこの曲、「DO NOT LEAVE WET」。聴けば聴くほどなじんできたね。ちなみにこの曲にキャッチコピーを付けるとしたら?

Seiho: 洗濯機?

BRYAN: ??

Seiho: 洗濯と選択をかけて、みたいな。偶然すけど。(笑)

BRYAN: 「選択しようぜ!」みたいなのはいいね。さて、今日はSeihoの「未来」の話。今後チャレンジしてみたいことは?

Seiho: 建築かな。

BRYAN: お!いきなり!音楽じゃなくて?オリンピックに向けて、みたいな?洗濯機みたいなの作っちゃえば?

Seiho: 笑。でもプロダクトデザインには興味あります。

BRYAN: 音じゃなくてなぜ「モノ」に興味が出た?

Seiho: そうですね。プラスティック製品とかにも興味あるし、造形とか陶芸、生け花にも最近ハマってて。

BRYAN: でも音楽と違ってなかなか家で出来ないけどね。工場が必要だったり。

Seiho: 手、ドロドロになるし!

BRYAN: 音楽のアーティストしては、次、どこに向かいたい?

Seiho: もちろん、大きくなりたい、っていうのはあるんだけど、僕のイメージとしては「時代」って灯台に捉えていて。灯台の光が当たった後って、暗くなるじゃないですか、次の光がくるまで。それでもその暗い時を怖れずにいたいな、と。

BRYAN: 分かる!ずっと光に当たりたいからこうする、とかじゃなく、その光はまた回って来るわけだから、焦らずに自分らしくいたいということだよね?今、ちょっといいこと言ってる?

Seiho: 言ってる言ってる!(笑)。でもホントにそうだと思います。

BRYAN: ブレない姿勢は大事だね。ちなみに「海外に出て行きたい」という願望はある?

Seiho: あります!この前、ヨーロッパを回ったんですけど、日本の音楽ってまだまだ民芸品としか見られていないんですよね。最初に作家性が見られていない、例えば「AKIRA」でも「宮崎駿」でも日本のアニメなら一緒みたいな。でも僕たちは、ドイツ人だから、イギリス人だからって、分けて聴かないじゃないですか。日本のアーティストだから、という前にまず1人の「作家」として見られたいな、と。

BRYAN: 2020年の東京オリンピックを前向きに捉えると、今、頑張ってクリエイトしているアーティストは、どんどん世界に引っかかる可能性が高まる訳だからね。頑張って欲しい。

Seiho: 僕もオリンピックに向けて「足」鍛えておきます!

BRYAN: 笑!

OTHER ARTIST
続けて読みたい! あなたにオススメの記事