SECRET Feat. Tomoko Ikeda From Shiggy Jr. (TOKYO SCENE Exclusive Dub) by TeddyLoid Vol.01

TOKYO SCENEがレコメンドする、次世代を担うクラブシーンのクリエイターが毎月1人ずつ登場。tokyoscene.jpのために特別に制作してくれた楽曲の背景についてインタビューした模様をお届けします。楽曲は11月1日までの1ヶ月限定で、フリーダウンロード配信中!

今月のNEXT ARTISTはTeddyLoid。クラブ・ミュージックのフロントラインのみならず、サブカルチャー、Jポップのシーンにも自在に行き来する希有な存在として知られる、音楽プロデューサー兼DJアーティスト。2015年12月2日には、約1年3ケ月ぶりとなるオリジナル2ndアルバムをリリース予定。J-POP、アニメ、ゲーム、ROCK、クラブなど、様々なジャンルを自在に行き来する新世代アーティストです。

今回は渋谷 CLUB HARLEM の3F、BX CAFEにてインタビューしました。

2000年頃に流行った、女性ボーカルをフィーチャーしたフィルターハウス。最初聴いた時、なんてポップで華やかなんだろう!って思って。ああいう曲にしようと。。。

BRYAN: まずはスミノフで乾杯!今回の楽曲、とてもいい仕上がりだねー!

TeddyLoid: ありがとうございます!!

BRYAN: まず、EXCLUSIVE DUBってどういう意味?

TeddyLoid: もともと12月にリリースする僕の2ndアルバム用に作った曲です。Shiggy Jr.の池田智子さんに歌ってもらっています。ポップなヴォーカルチューンで仕上げはまだこれからなのですが、この企画のために先にリミックスを作りました!

BRYAN: 素晴らしい!ダークさもあってホントにTeddyLoid らしい曲だなって、思ったんだけど、どんなイメージで作ったの?

TeddyLoid: もともと僕、Shiggy Jr. さんの曲、「サマータイムラブ」を聴かせてもらって、すごくいい、かっこよくてかつポップだな、と。そのボーカルの池田 智子さんと、どうしても曲を一緒に作りたくて。それで今回自分のアルバムにお誘いしたんですけど、彼女のそのPOPな歌声を活かしたいんです。でも、もちろんTeddyLoidサウンドと両立するのがテーマです。

BRYAN: なるほど。

TeddyLoid: 2000年頃にフィルターハウスって流行りましたよね?

BRYAN: はいはい。あったねー。

TeddyLoid: フィルターハウスって、STARDUSTとかDAFTPUNKみたいな、エッジの効いたものをイメージしてたんですけど、僕のマネージャーに教えてもらったのが、Madison Avenueみたいな女性ボーカルをフィーチャーしたフィルターハウス。最初聴いた時、なんてポップで華やかなんだろう!って思って。

BRYAN: いいよねー。

TeddyLoid: ああいう曲調を今回、池田 智子さんと一緒に作ろうと思って。で、今回のような曲に仕上がったんです。『フューチャー・フィルターハウス』と呼んでます。

BRYAN: で!あまりに池田さんのボーカルがいいから、これはTOKYO SCENEのEXCLUSIVEトラックも作ろうと?

TeddyLoid: そうなんです!本当はメロディアスなヴォーカル・チューンなんですけど、池田さんのヴォーカルテイクを大胆にカットアップして切り刻んで、TOKYO SCENEにフィットさせる為にフロアライクに仕上げました!

BRYAN: うれしい!ちなみに曲はいつもどうやって作っているの?

TeddyLoid: 全てコンピューターで作るんですけど、基本僕の頭の中にすでに曲のイメージはあって、それを綿密に書き出していく作業なんですよね。

BRYAN: なるほど。来週は楽曲制作についてさらにDEEPに聞いていきます!

TeddyLoid: よろしくお願いします!

OTHER ARTIST
続けて読みたい! あなたにオススメの記事