Keep Your Mind by DRUNKEN KONG Vol.01

TOKYO SCENEがレコメンドする、次世代を担うクラブシーンのクリエイターが毎月1人ずつ登場。tokyoscene.jpのために特別に制作してくれた楽曲の背景についてインタビューした模様をお届けします。楽曲は12月31日までの1ヶ月限定で、フリーダウンロード配信中!

12月のNEXT ARTISTは、テクノシーンで注目の男女デュオ、DRUNKEN KONG!!表参道の話題のクラブ、ARCでインタビューを行いました。DRUNKEN KONGは、D.SinghとDJ KYOKOによるテクノユニット。2015年にはテクノシーンの大御所、Christian SmithのレーベルのTronicから、EPとコンピレーションをリリースして、反響を呼んだ彼ら。さらに2015年夏に実施したヨーロッパツアーも大成功。現在は、DRUNKEN KONG presents “INTENTION”をWOMBで開催中。WOMBが誇るレジデント・パーティーとして人気を博しています。

何回も何回も聴き直して、テストして。音圧とか音質とかバランスとか。他の曲と一緒にプレイした時に負けないようなミックスに仕上げました。

3人: まずはスミノフで乾杯—!

RYU: 今回のフリーダウンロード楽曲「Keep Your Mind」は、どんなことをイメージして作ったの?

D.Singh: 夜明けに向かっていく感じで作ったんです。具体的には、夜明けちょっと前の空の色をイメージして。もともと、曲を作る前に夜明けにあうようなボーカル素材があって、それを使って作った感じなんですよね。

RYU: パーティーで遊んでいる人にとっては、けっこう疲れてきてる時間だよね?

D.Singh: そうですね。疲れてきた人でも踊れるような。

KYOKO: そんな人にも気持ちよく届く感じで作りました。

RYU: 音はホントに太くて、かつ、言ってる通り気持ちいい感じでした。いろんな音が裏で鳴っているしね。

2人: ありがとうございます!!

RYU: 一番時間をかけたところは?

KYOKO: やっぱりミックスダウン。

D.Singh: 何回も何回も聴き直して、テストして。音圧とか音質とかバランスとか。他の曲と一緒にプレイした時に負けないようなミックスに仕上げました。

RYU: そもそも2人はどういう分担で作るの?

KYOKO: 基本的にはD.Singhが先行してスタートして、後から私が…

RYU: 茶々入れるんだ?(笑)

KYOKO: そうそう(笑)

RYU: 一番ラクなポジションじゃん。

KYOKO: あ、でもミックスダウンの段階になると、私がしっかりと入っていきます。DJをやって現場慣れしてる私の耳でバランスなんかを聴いて、「ここをもっとこうしよう」とかアイデアを出して。で、2人で仕上げていきます。

RYU: ちなみにタイトルはどうやって付けたの?

D.Singh: ボーカルが「Keep」って言ってるんで、そこからイメージを膨らませて「Keep Your Mind」にした感じです。

RYU: 「夜明けをイメージした」って言ってたけど、この曲、DJにはどんな時間にプレイして欲しい?

2人: やっぱりディープな時間にかけて欲しいです!

RYU: じゃあ、DJにもどんどんダウンロードしてもらって、夜明け前のディープな時間帯にプレイして欲しいね。

2人: ぜひ!よろしくお願いします。

RYU: 来週は、DRUNKEN KONGとはどんなユニットなのか、2人はどうやって出会ったのか、について聞いていこうかな。

ARC ミュージック・ファッション・カルチャーが持つ、既成概念に囚われない自由な発想、止むことの無い探究心、普遍的な美しさ、それらが与えてくれる刺激と発見を愛でる人々が交流し、そこから新たなムーブメントを生み出していく場所、それが「ARC」である。

OTHER ARTIST
続けて読みたい! あなたにオススメの記事