Keep Your Mind by DRUNKEN KONG Vol.04

TOKYO SCENEがレコメンドする、次世代を担うクラブシーンのクリエイターが毎月1人ずつ登場。tokyoscene.jpのために特別に制作してくれた楽曲の背景についてインタビューした模様をお届けします。楽曲は12月31日までの1ヶ月限定で、フリーダウンロード配信中!

12月のNEXT ARTISTは、テクノシーンで注目の男女デュオ、DRUNKEN KONG!!表参道の話題のクラブ、ARCでインタビューを行いました。DRUNKEN KONGは、D.SinghとDJ KYOKOによるテクノユニット。2015年にはテクノシーンの大御所、Christian SmithのレーベルのTronicから、EPとコンピレーションをリリースして、反響を呼んだ彼ら。さらに2015年夏に実施したヨーロッパツアーも大成功。現在は、DRUNKEN KONG presents “INTENTION”をWOMBで開催中。WOMBが誇るレジデント・パーティーとして人気を博しています。

もっとたくさんの人にクラブが楽しい場所だってことを、知ってもらいたい。

RYU: さあ、DRUNKEN KONGとして活動を続ける中、今一番大切にしていることは?

KYOKO: まずは来ていただいたお客さんに楽しんで帰ってもらうこと。後はお客さんの心にどういうものを残していけるかを考えてます。

RYU: それは重要だよね。今後チャレンジしてみたいことは?

D.Singh: 今はテクノをメインに作っているんですけど、今後は幅広いジャンルの音楽を作っていきたいです。チルアウトなんかにもトライしたいですね。

RYU: チルアウトはフェスに合うからね。

D.Singh: 確かに。野外や青空に合いますね。

RYU: 今後はどんな音楽を作っていく予定?

KYOKO: やっぱりグルーヴィーなテクノを作り続けたいです。パワフルだけどグルーヴがあるもの。

RYU: なるほど。今後、出演してみたいフェスやパーティーは?

KYOKO: やっぱり海外の大きなフェスに出たいです!例えばアムステルダムで行われているADEとか。

RYU: 俺行ったことあるんだよね。半端ないよ!!やっぱりヨーロッパのフェスは違うんだよね。古い歴史のある建物の中で新しい音が鳴っているっていう不思議な世界。

KYOKO: いいな〜。あ、あと、イビサの大きなクラブでも回したいですね。

RYU: ぜひ出演してほしい!応援します!さあ、2016年。どんなことをしかけていきたい?

KYOKO:2015年はヨーロッパツアーを成功させたんで、2016年はアジア、アメリカを回りたいです。

RYU:2016年6月には風営法が改正されます。東京のクラブシーンはどうなると思う?

KYOKO: もっとたくさんの人にクラブが楽しい場所だってことを、知ってもらいたい。今回の風営法改正をきっかけに、今までクラブに来たことがない人にもどんどん足を運んでもらいたいです。今ちょうど、いろんなオーガナイザー陣たちとも話し合っているところです。

RYU: 最後にリスナーにひとこと!

KYOKO:DRUNKEN KONGは今後もパワーアップしていくので、ご期待ください!

D.Singh: これから面白いことをどんどんやっていくので応援よろしくです!

RYU: 1ヶ月間に渡ってありがとうございました!

2人: こちらこそありがとうございましたー!!

ARC ミュージック・ファッション・カルチャーが持つ、既成概念に囚われない自由な発想、止むことの無い探究心、普遍的な美しさ、それらが与えてくれる刺激と発見を愛でる人々が交流し、そこから新たなムーブメントを生み出していく場所、それが「ARC」である。

OTHER ARTIST
続けて読みたい! あなたにオススメの記事