TOKYO SCENE feat.Jinmenusagi by HyperJuice Vol.03

TOKYO SCENEがレコメンドする、次世代を担うクラブシーンのクリエイターが毎月1人ずつ登場。tokyoscene.jpのために特別に制作してくれた楽曲の背景についてインタビューした模様をお届けします。楽曲は3月3日までの1ヶ月限定で、フリーダウンロード配信中!

2月のNEXT ARTISTは、fazerockとharaの2人によるサウンドチーム、HyperJuiceが登場。2013年に結成した彼らは、メンバー、クルーが入り乱れフロアを激しく揺らすLIVE/DJパフォーマンスで注目を浴びる。
パンクバンド出身のfazerockと、元レコードショップバイヤーで様々な音楽ジャンルに精通するhara。出自の全く異なる二人が生み出すハイブリッドでオリジナルな楽曲群は、まさにカテゴライズ不可能。また今回のトラックでフィーチャーしたJinmenusagiは、日本語を破壊し再構成するアプローチや独特の声質が話題のラッパー。ぜひ彼にも注目したい!

僕たちのパーティーに来るオーディエンスは、盛り上がって柵によじ登って叫んだりする、若いお客さんが多いんです。だから彼らのことを思い浮かべて、彼らが盛り上がる曲にしたいな、と。

RYU: 今日は、HyperJuiceの音楽制作の部分を聞いていきたいな。fazerockはもともとバンドをやってたから、ギター、ベース、ドラム、メンバーのそれぞれがフレーズを考えてたと思うんだけど、今はそれとは全く違う手法だよね?

fazerock: そうですね。ほぼ自宅でやってます。だいたい最初はharaから「こういうのはどう?」というラフの音が送られてきます。で、それを僕が煮て焼いて、みたいな感じで。

RYU: これ、違うよ。みたいなことは?

fazerock: あんまり食い違いはないですね。

RYU: 例えば今回の曲はどんな感じで作っていったの?

hara: 2015年はULTRA JAPAN、Outlook Festivalなどのフェスや、UNIT、ageHa、VISIONみたいに大きい箱だったり、大勢を前にプレイする機会が多かったんですよね。で、そういう大きいパーティーで盛り上がる曲がいいな、って思ってて。あと僕たちのパーティーに来るオーディエンスは、盛り上がって柵によじ登って叫んだりする、若いお客さんが多いんです。だから彼らのことを思い浮かべて、彼らが盛り上がる曲にしたいな、と。

RYU: なるほど。ちなみに制作期間はどのくらい?

fazerock: 実は結構かかったんですよ(笑)

RYU: それはうれしいねー。

hara: 2、3ヶ月はかかりましたねー。

RYU: そんなにかかったんだ!

Jinmenusagi: そのうち1ヶ月くらいは僕が止めてたかも(笑)

RYU: ラッパーが止めてたか!

Jinmenusagi: やっぱり究極に時間が取れる時に真剣に作りたかったんで。部屋で作って、チャットでやりとりした感じですね。

hara: それも今っぽいかなと。

RYU: 思いっきり今っぽいね。昔はDJブースが無いと気分が出ない、とか言ってたけどねー。ちなみにJinmenusagiは今回どんなことにこだわった?

Jinmenusagi: hara君が言ってたような世界観をなるべく壊さないようにしつつ、どうやってその世界観を広げるかにこだわっています。そこは言葉選びになってくるんですけど、実際にHyperJuiceと現場(クラブやフェス)で一緒になった時に起きたこととか、見た景色から想像して言葉を選んでいきました。

RYU: なるほどー。ちなみにHyperJuiceの2人は音楽を作る時やDJプレイする時に、プレッシャーを感じたりする?

hara:外からのプレッシャーは無くて、自分たちの中からくるプレッシャーがありますね。僕もfazerockも凝り性なんで。

fazerock: 自分たちが納得いくまでやりたいんですよね。

hara: だからリリースペースが遅い。

RYU: ちなみに今後どんな音を作っていきたい?

fazerock: やっぱりミクスチャーですね。

hara: 全体的にミクスチャーな精神は持っていたいです。

RYU: なんかミクスチャーっていいね。バンド的なエッセンスが込められているというか。

hara: なので、HyperJuiceはDJユニットというより、サウンドチームって自分たちのことを呼んでて。DJはあくまでもツールなんですよね。

RYU: 納得!来週は3人の野望について話を聞いていきます。

3人: よろしくお願いしまーす!

logounit UNIT 2004年7月にオープンして以来、新たなる音楽文化創造の場として東京発の情報を発信しているUNIT。徹底的に音にこだわったトップクラスのファシリティは、各方面から高い評価を得ている。また様々なニーズに対応可能なフレキシブルな空間、階上のカフェUNICEや階下のバーSALOONとの連動など、多彩なスタイルのイベントが開催できるのも魅力のひとつ。

OTHER ARTIST
続けて読みたい! あなたにオススメの記事