TOKYO SCENE feat.Jinmenusagi by HyperJuice Vol.01

TOKYO SCENEがレコメンドする、次世代を担うクラブシーンのクリエイターが毎月1人ずつ登場。tokyoscene.jpのために特別に制作してくれた楽曲の背景についてインタビューした模様をお届けします。楽曲は3月3日までの1ヶ月限定で、フリーダウンロード配信中!

2月のNEXT ARTISTは、fazerockとharaの2人によるサウンドチーム、HyperJuiceが登場。2013年に結成した彼らは、メンバー、クルーが入り乱れフロアを激しく揺らすLIVE/DJパフォーマンスで注目を浴びる。
パンクバンド出身のfazerockと、元レコードショップバイヤーで様々な音楽ジャンルに精通するhara。出自の全く異なる二人が生み出すハイブリッドでオリジナルな楽曲群は、まさにカテゴライズ不可能。また今回のトラックでフィーチャーしたJinmenusagiは、日本語を破壊し再構成するアプローチや独特の声質が話題のラッパー。ぜひ彼にも注目したい!

ものすごく盛り上がってる時に、DJに「これがトウキョウのシーンだぜ!」みたいなメッセージでかけてほしいです!

RYU: 2013 年に結成されたfazerockとharaによるサウンドチームHyperJuice。そして今回のフリーダウンロード楽曲、「TOKYO SCENE feat.Jinmenusagi」にフィーチャーされてるラッパー、Jinmenusagiも来てくれました!よろしくお願いします!

RYU: まずはスミノフで乾杯!ちなみにいつもラジオのスタジオに来てくれているhara君はInterFM897のスタジオでプレイする時、毎回緊張するんだって?

hara: そうなんです(笑) どの現場よりも緊張します。ちゃんと仕事しなきゃいけないみたいな。

fazerock: 僕も最初に行った時、緊張しました。

Jinmenusagi: そんな2人にはどんどんでかい仕事をやってって欲しいです。

hara: すごい他人事じゃない?

全員: 爆笑

RYU: なるべくあったかいムードを作ってるつもりなんだけどねー(笑) さて、ここUNITはHyperJuiceにとっても馴染みが深い場所だよね?

hara:僕らが2015年9月にリリースしたCDのリリースパーティーをやらせてもらったり、かなり思い入れの深い場所です。

RYU: まさにホームグラウンドだね。さて、まずは、HyperJuiceとJinmenusagiの関係から聞かせてもらえる?

fazerock: そうですね。友達以上恋人未満みたいな?

RYU:それって相当いい関係なんじゃない?やっぱりお互いアーティストとして見ているところが近いのかな?

fazerock: あ、そうかも。曲を作る時もスムーズですね。作ったトラックをJinmenusagiに渡しても、すぐに「いいね」って返ってくるし。

Jinmenusagi: 「こういう風にラップを乗せて」っていう指示が明確なんですよね。だから僕も思った通りにやれます。

RYU: Jinmenusagiは最初HyperJuiceの音を聴いた時、どんな印象だった?

hara: 確かにどう思ったのか、気になる。

Jinmenusagi: 「低音で人を踊らす人たち」っていうイメージ。でも無骨なベースミュージックって感じじゃなくて、HyperJuiceのファーストミニアルバム「Lights」では、ちゃんとポップスにアピールできる側面もある。僕の参加した曲でも、自分の中のそういうポップス寄りの部分を引き出してもらいました。

RYU: 逆にHyperJuiceはJinmenusagiに会った時、どんな印象だった?

hara: とにかくスキルがあるMCだと思ってて。キャラ立ちもしてるし。まず、「Lights」の前のEP、「TRAPPIN RIDDIM EP」収録の「BADMAN DRUMZ feat.Jinmenusagi」に参加してもらいました。かなり複雑なトラックだったんですけど、どんなラップを乗せて返ってくるかな、って思ってたら期待以上のものを返してくれて。そこからもうずっとベッタリです。

3人: 爆笑

RYU: 今回のこの曲をDJにプレイしてもらう時、フロアがどんな雰囲気の時にかけてほしい?

hara: そうですね。大きなスピーカーから大きな音で出すと機能する曲なんで、ものすごく盛り上がってる時に、DJに「これがトウキョウのシーンだぜ!」みたいなメッセージでかけてほしいです!

RYU: イエーイ!!それはうれしい!!では、来週は3人の音楽のルーツを探ります。

3人: よろしくお願いしまーす!

logounit UNIT 2004年7月にオープンして以来、新たなる音楽文化創造の場として東京発の情報を発信しているUNIT。徹底的に音にこだわったトップクラスのファシリティは、各方面から高い評価を得ている。また様々なニーズに対応可能なフレキシブルな空間、階上のカフェUNICEや階下のバーSALOONとの連動など、多彩なスタイルのイベントが開催できるのも魅力のひとつ。

OTHER ARTIST
続けて読みたい! あなたにオススメの記事