ナイロンとペットボトル by PARKGOLF Vol.04

TOKYO SCENEがレコメンドする、次世代を担うクラブシーンのクリエイターが毎月1人ずつ登場。tokyoscene.jpのために特別に制作してくれた楽曲の背景についてインタビューした模様をお届けします。楽曲は4月1日までの1ヶ月限定で、フリーダウンロード配信中!

3月のNEXT ARTISTは、注目のトラックメイカー、PARKGOLF。PARKGOLFは札幌在住のビートメイカー/プロデューサー。数々のコンピレーションへの参加やネットレーベル・Maltine Recordsからのリリース、SEBASTIAN X、tofubeats等の楽曲REMIX、そしてDAOKOのメジャーデビュー作プロデュースなど、幅広い活動を展開している。2015年4月には待望のアルバム「Par(パー)」を、Seiho主宰のDay Tripper Records からリリース。彼へのインタビューを、渋谷CIRCUS Tokyoにて行いました。

誰でも聴けるようなポップな曲を作り続けるんで、ぜひ1回聴いて欲しいと思います!今年中にアルバムが出るんで!

RYU: 俺、札幌の人に会うと必ず聞くことがあって、世界中の飛行機の路線で羽田〜千歳便が最も便数が多いの知ってた?

PARKGOLF: へぇー。知らなかった!

RYU: バスのようにみんな乗ってるけど、あんなの珍しいんだって。

PARKGOLF: 確かに。

RYU: それだけ東京と札幌って距離じゃなく、メンタル的に近いんだよね。だから札幌をすごく身近に感じてます。

PARKGOLF: そういや近いかもですね。

RYU: 東京に住まずにあえて札幌に住む理由ってなんなのかな?

PARKGOLF: 東京と距離を置くことで東京のペースに流されないで、音楽制作ができるところですかね。

RYU: 東京は早いからね。自分がゆっくりしたくても周りが早いからこっちもつられちゃうみたいな。

PARKGOLF: それはありますよねー。

RYU: そんな札幌でまたアルバムを作っているそうだけど、今回はどんなアルバムになりそう?

PARKGOLF: 前回はボーカル無しのビートメインのアルバムだったんで、今回はフィーチャリングボーカルも入れたりしようかなと。まだ言えないんですけど。

RYU: どんなアーティストがフィーチャーされてる?言える範囲で。

PARKGOLF: え〜と、まだ言えないです(笑)

RYU: 男か女か、若いか、ベテランか。

PARKGOLF: 若いですね。そこまでで(笑)。

RYU: 今年中に叶えたい夢は?

PARKGOLF: 海外でライブしたいです!

RYU: 夏フェスもあるしね。最後にPARKGOLFをまだ知らない人に一言でアピールするなら?

PARKGOLF: 誰でも聴けるようなポップな曲を作り続けるんで、ぜひ1回聴いて欲しいと思います!今年中にアルバムが出るんでぜひ!

RYU: PARKGOLFでした!!

logo2015年10月にオープンしたCIRCUSはキャパシティー350名のクラブで、2フロアに分かれている。B1FのメインフロアはライブやDJができるステージを備えた250名が収容できるスペース。
1Fのラウンジフロアは店内とオープンテラススペースに分かれており、DJイベント、展示会、飲み会など様々なニーズに対応可能。系列店舗『大阪CIRCUS』と連動したツアー公演も大きな話題を呼んでいる。

OTHER ARTIST
続けて読みたい! あなたにオススメの記事