STAY by 池内ヨシカツ Vol.01

TOKYO SCENEがレコメンドする、次世代を担うクラブシーンのクリエイターが毎月1人ずつ登場。tokyoscene.jpのために特別に制作してくれた楽曲の背景についてインタビューした模様をお届けします。楽曲は5月6日までの1ヶ月限定で、フリーダウンロード配信中!

4月のNEXT ARTISTは、数々のグラミー賞受賞アーティストを輩出してきたSpinnin’ Recordsの大会、「Talent pool」にて2位にランクイン。日本人として初の快挙を成し遂げたアーティスト、池内ヨシカツ!2016年4月からTOKYO SCENEの新DJとして登場しているTakeru John Otoguro ことTJOが表参道ARCにてインタビューしました。

一番影響されたのはカニエ・ウエストです。Flashing Lightsっていうクラシックネタを使った曲がありまして、その曲が、今まで聴いたことがない感じで「これはなんだ?」ってことで。

TJO: まずはスミノフで乾杯!

2人: 乾杯!

TJO: 池内さんの紹介をする時には、やっぱり今のEDMブームを作ったともいえるレーベル、Spinnin’ Recordsの大会「Talent pool」にて世界2位にランクインした話から聞きたいんですが、まずこれはいつ頃の話ですか?

池内: 3年前になります。facebookの投票システムで順位が決まるのですが、最初の頃は全く反応がなかったんです。外国のアーティストの楽曲が多い中、三味線や和楽器を使ったちょっと変化球の曲をアップするようになって、その辺りから徐々に反応が出てきたっていう感じです。

TJO: 「Talent pool」っていうのは、お客さんの前でDJを披露するわけではなく、ネット投票による大会なんですね?

池内: そうですね。

TJO: 2位に入るまで何曲くらいエントリーしたんですか?

池内: 正確な数字は覚えていないんですが、10曲以上はあるかと。

TJO: 明らかに「なんか反応が変わってきたな」というタイミングはありました?

池内: そうですね、楽曲への反応が増えだしたあたりから「あ、ちょっと反応出てきたな」というのは感じました。

TJO: それはやっぱり「和」のテイストを取り入れたあたりから?

池内: そうですね。

TJO: 2位にランクインした時の気持ちはどうでした?

池内: 日を追うごとに数字が増えていったんで、逆に1位になれなかった悔しさがありました。「今日は1位になってるかな?」って日々チェックしていたんで。

TJO: 「ここまできたら1位になりたかった」みたいな。

池内: 「あ、止まっちゃった」みたいな感覚ですね(笑)

TJO: 先月はSOUND MUSEUM VISIONでMOGUAIと共演されてましたが、その時はどんなスタイルのプレイをしたんですか?

池内: MOGUAIはSpinnin’ Recordsから楽曲をリリースしているので、Spinnin’ Records関連の曲をメインにプレイしました。もちろん自分の曲も。

TJO: DJスタイルとしてはCDJ?それともラップトップ?

池内: CDJでUSBを使う時もあるんですが、ラップトップでプレイすることもあります。先日のVISIONではAbleton Liveを使いました。作曲もDJもAbleton Liveでやることが多いですね。

TJO: ちょうどその時、僕の友達が遊びに行ってて、「池内さん、めちゃくちゃヤバい!」ってツイートしてました。

池内: ありがとうございます!

TJO: 僕が観たDJの映像では、ストリングスを使ったオーケストラみたいに壮大な曲をかけていました。

池内: あ、それは1曲目でしたね。

TJO: DJセットではイントロを用意したり、起承転結のあるストーリー展開を考えていたりするんですか?

池内: たまにそういうこともやりますね。楽曲でも壮大な曲を作ったりします。

TJO: ちなみに池内さんは自身のジャンルをくくるとしたら、どう表現しますか?

池内: ジャンルで括るのは難しいかもですが「ダンスミュージック」という枠に入っていればそれでいいかと。EDMって言われたらそうかもしれませんし、ベースミュージックって言われたらそうかもしれないけど「ダンスミュージックを作っている」というのが一番ハマるかもしれないですね。

TJO: ちなみにベースミュージックではどの辺りが好きだったりしますか?

池内: Bro Safariとかですかね。あとはSoundCloudをサーフィンして聴きあさってますね。

TJO: なるほど。ズバリ一番好きなジャンルは?

池内: エレクトロですね。高校時代にトランスあたりから入って、エレクトロ、EDMで今に至るっていう感じですね。

TJO: 特に好きなアーティストは?

池内: カニエ・ウエストが曲を作るきっかけになったアーティストですね。

TJO: それは意外ですね。

池内: Flashing Lightsっていうクラシックネタを使った曲がありまして、その曲が、今まで聴いたことがない感じで「これはなんだ?」ってことで。

TJO: なるほど。来週はさらに楽曲制作の深い話を聞いていきます。

池内: よろしくお願いします!

ARC ミュージック・ファッション・カルチャーが持つ、既成概念に囚われない自由な発想、止むことの無い探究心、普遍的な美しさ、それらが与えてくれる刺激と発見を愛でる人々が交流し、そこから新たなムーブメントを生み出していく場所、それが「ARC」である。

OTHER ARTIST
続けて読みたい! あなたにオススメの記事