TOKYO SCENE by HABANERO POSSE Vol.01

TOKYO SCENEがレコメンドする、次世代を担うクラブシーンのクリエイターが毎月1人ずつ登場。tokyoscene.jpのために特別に制作してくれた楽曲の背景についてインタビューした模様をお届けします。楽曲は6月3日までの1ヶ月限定で、フリーダウンロード配信中!

5月のNEXT ARTISTは、FYS a.k.a. BINGOとGUNHEADが“SEXY BASS & DIRTY GHETTO MUSIC”を掲げ、2011年に結成したDJ/プロデューサー・ユニット、HABANERO POSSE。2016年4月からTOKYO SCENEの新DJとして登場しているTakeru John OtoguroことTJOが渋谷HARLEM BX CAFEにてインタビューしました。

特にこのジャンルにこだわっているというのが無くて「自分たちの琴線に触れるものだったらなんでも」ということでやってます。

TJO: まずはスミノフで乾杯!

2人: 乾杯!

TJO: まずはHABANERO POSSEとは何なのか?知らない人のために基本情報から教えてもらえますか?まずは名前の由来。

GUNHEAD: 意味は無いんです(笑) というのも意味を堅苦しくつけるのが嫌だったので。あとはPOSSEという言葉を使いたかったんです。ちょっと90年代っぽい感じというか。メンバーが入れ替わったり、あたらしく入ってきてもいいように、グループじゃなく、大所帯という感じを出したくて。あと、「block.fm」の開局の時に、なにか名前をつけなきゃいけなくなって。

3人: 爆笑

TJO: 2人が出会ったきっかけは?

GUNHEAD: 共通の知人がやってたパーティーでお互いを認識して、そのあとtwitterで「一緒にやりませんか?」みたいなことになって。その時はまだ名前を付けずにBack to BackでDJをやってた感じですね。

TJO: その初めて一緒になった現場で「なんかやろうか?」みたいな感じですか?

GUNHEAD: そうですね。意外に似たようなスタンスでやっていた人が少なかったんで。

TJO: その「しっくり来た部分」ってどこだったんですか?

BINGO: たぶん、ボルチモア・ブレイクスあたりかな?その辺の音と、ヒップホップとかレゲエとかをミックスしてて「あ!」みたいな。

TJO: なるほど。HABANERO POSSEは音楽的なジャンルで括ると?ベース・ミュージックっていう括り方でいいですか?

GUNHEAD: いや。良くないですね(笑)

TJO: やっぱり(笑) そこはこだわりがある?

GUNHEAD: 特にこのジャンルにこだわっているというのが無くて「自分たちの琴線に触れるものだったらなんでも」ということでやってます。一応“SEXY BASS & DIRTY GHETTO MUSIC”とは言ってますけどね。

TJO: 2人の「音楽オタク度」を「%」で表すと?

GUNHEAD: もっとディグってる人がいっぱいいるので、5%くらいですかね。

BINGO: 確かに。別にオタクだとは思ってないかも(笑) 普段飯を食っている時とか、歩いている時とか、音楽全く聴かないんですよ。家にいる時はさすがに聴きますけど。もそれもBGMじゃなく、制作の過程でガッツリ聴くみたいな。だからもっと低くて2%くらいかも。

TJO: 史上初ですね。こんなに低いのも。

3人: 爆笑

TJO: 来週は音楽制作のについて、インタビューしたいとおもいます。

2人: よろしくお願いします。

2F_floor3HARLEM(ハーレム)
1997年のオープン以来、日本における“HIP HOPの聖地”として支持され続けているHARLEMは、今日では日本はもとより海外でもその名を知られるようになっている。
住所:〒150-0044 東京都渋谷区円山町2-4 Dr. ジーカンスビル2・3F TEL:03-3461-8806

OTHER ARTIST
続けて読みたい! あなたにオススメの記事