Maxin(TOKYO SCENE Version) by Masayoshi Iimori Vol.01

TOKYO SCENEがレコメンドする、次世代を担うクラブシーンのクリエイターが毎月1人ずつ登場。tokyoscene.jpのために特別に制作してくれた楽曲の背景についてインタビューした模様をお届けします。楽曲は7月1日までの1ヶ月限定で、フリーダウンロード配信中!

6月のNEXT ARTISTは、TRAPを中心としたトラックメイクが目に止まり、日本の気鋭ネットレーベルTREKKIE TRAXより2015年にデビューEP「Break It EP」をリリース。その後Bootlegを中心に様々な楽曲を制作し、Skrillex, Mija, Carnage, Anna Lunoe, Nina Las Vegas, UZ, Ookayなど世界の著名プロデューサーからサポートを受けるなど、注目の若手アーティストMasayoshi Iimori。Takeru John Otoguro こと TJOがこの春、青山にニューオープンしたDJ BAR、Aoyama TenTにてインタビューしました。

最近は、トラックメーカーがどんどんアルバムを出す時代で、ジャンルじゃなくてそのアーティスト1人でジャンルが確立されていると思うんです。

TJO: まずはスミノフで乾杯!今回の曲、聴かせてもらったのですが、イントロからインパクト大でカッコイイ!

Masayoshi Iimori: ありがとうございます!

TJO: それじゃ、改めて自己紹介をお願いします。

Masayoshi Iimori: トラックメーカーのMasayoshi Iimoriと申します。インターネットレーベルのTREKKIE TRAXを中心に、いろいろ活動していて、最近は毎週末どこかしらのパーティーに出演しています。年齢は20歳です。

TJO: 若い!ユニークな音楽を作っていますが、自分の音楽をジャンルでくくると?

Masayoshi Iimori: ベースミュージックって書かれたりしますが、ベースミュージックっていう言い方が「最近はあまり良くないな」って感じていて「もっと細かく分けた方がいいな」って思うんです。

TJO: なるほど。

Masayoshi Iimori: ベースミュージックって言っても、ヒップホップを通過したものや、ジャングルやドラムンベースなんかと、全部一緒になっちゃうじゃないですか。最初はベースミュージックってくくりがいいなって思ってたんですけど。最近は、トラックメーカーがどんどんアルバムを出す時代で、ジャンルじゃなくてそのアーティスト1人でジャンルが確立されていると思うんです。アーティストで例えると、フルームとかバウアーとか。そういう所を目指していきたい感じです。

TJO: ジャンルにくくられない。

Masayoshi Iimori: そうですね。ジャンルにくくられないように頑張ろうと。

TJO: まだ20歳という若さなんだけど、トラックメイキングを始めたのはいつくらい?

Masayoshi Iimori: 記憶では中学3年生ですね。

TJO: きっかけは?

Masayoshi Iimori: 僕ずっと音楽ゲームをやってたんです。ゲームミュージックって打ち込みなんで、クラブトラックに近いような音が使われてる場合が多くて。特にbeatmaniaは、クラブやDJのシミュレーション・ゲームなんで、あれでクラブトラックにハマりました。beatmaniaのサントラを聴いてなんのジャンルか調べて「あ、こういうジャンルがゲームの他にもあるんだ」って知っていって。それでトラックメイキングをスタートしました。

TJO: おもしろい。自分の音楽オタク度を「%」で表すと?

Masayoshi Iimori: 僕は、一つの音楽ジャンルをひたすら掘り下げるんじゃなくて、いろんなジャンルを全部聴くので、それぞれに「30%」という感じですかね。いろんな音楽を聴いて吸収していってる感じです。

TJO: 1日の中でどのくらい音楽に費やしている?

Masayoshi Iimori: あ、でも、起きている間はひたすら音楽を作っていますね。

TJO: (笑) 来週は音楽制作の現場について聞いてみたいと思います。

Masayoshi Iimori: よろしくお願いします。

image001

OTHER ARTIST
続けて読みたい! あなたにオススメの記事