Maxin(TOKYO SCENE Version) by Masayoshi Iimori Vol.02

TOKYO SCENEがレコメンドする、次世代を担うクラブシーンのクリエイターが毎月1人ずつ登場。tokyoscene.jpのために特別に制作してくれた楽曲の背景についてインタビューした模様をお届けします。楽曲は7月1日までの1ヶ月限定で、フリーダウンロード配信中!

6月のNEXT ARTISTは、TRAPを中心としたトラックメイクが目に止まり、日本の気鋭ネットレーベルTREKKIE TRAXより2015年にデビューEP「Break It EP」をリリース。その後Bootlegを中心に様々な楽曲を制作し、Skrillex, Mija, Carnage, Anna Lunoe, Nina Las Vegas, UZ, Ookayなど世界の著名プロデューサーからサポートを受けるなど、注目の若手アーティストMasayoshi Iimori。Takeru John Otoguro こと TJOがこの春、青山にニューオープンしたDJ BAR、Aoyama TenTにてインタビューしました。

「なにか一つ足りない」っていう時にうまい具合にハマると気持ちいいですね。なにか一つ足りないまま終わっちゃう曲もあるんですけどね。

TJO: トラックをゼロから作り始める時ってまずどこから作る?

Masayoshi Iimori: 実は毎回バラバラで。その時の気分によってですね。例えばいい感じのドラムを見つけたらそれをポーンと置いてそこから構築したり。いいサンプリングのフレーズがあったら、まずそれをサンプラーに読み込んで、それでリフを作っていったり。シンセでいい音見つけたらエフェクトかけまくって、そこから曲を作り出したり。完全にバラバラです。

TJO: なるほど。じゃあビートから作るとか、リフから作るのが多い、とかではなく曲によってバラバラなんだね。

Masayoshi Iimori: そうです。テンプレートとかある人いますけど、僕は全く無しです。あと、結構僕は「今回こういう曲にしたい」っていう参考にしてる曲があって、それを流しながら作りますね。

TJO: その曲を一回PCに流し込んで、それを聴きながら近い音を作るみたいな?

Masayoshi Iimori: それだとパクりになっちゃう場合もあるんで、そこはうまい具合に(笑)

TJO: ちなみに使っている機材は?

Masayoshi Iimori: Ableton Liveで最後まで作ってます。

TJO: 楽器はなにか弾けるの?

Masayoshi Iimori: 小さい時にピアノを習わされてたんですよ。でも性格が向いてなくて、真面目にやらなかったんです。楽譜見てパッと弾けたりはしないんですけど、この音が正しいのか?正しく無いのか?和音とかも理解してたりするんで、なんだかんだ役にたってるなと。

TJO: 今になって勉強しておいてよかったと(笑)

Masayoshi Iimori: 確かに(笑)

TJO:ちなみに曲を作っていて一番楽しい瞬間は?

Masayoshi Iimori: 声ネタがバチッとハマった瞬間ですかね。「なにか一つ足りない」っていう時にうまい具合にハマると気持ちいいですね。なにか一つ足りないまま終わっちゃう曲もあるんですけどね。

TJO: あるある(笑) じゃあ来週はMasayoshi Iimoriの音楽のルーツを探りたいと思います。

Masayoshi Iimori:よろしくお願いします。

image001

OTHER ARTIST
続けて読みたい! あなたにオススメの記事