main_head

D4U feat. MARZY & Un.Candy by 2WISTED Vol.04

TOKYO SCENEがレコメンドする、次世代を担うクラブシーンのクリエイターが毎月1人ずつ登場。tokyoscene.jpのために特別に制作してくれた楽曲の背景についてインタビューした模様をお届けします。楽曲は8月5日までの1ヶ月限定で、フリーダウンロード配信中!

7月のNEXT ARTISTは、『RedBull Thre3Style World DJ Championships』のRENと、Producer/DJ、KMからなるプロデュースユニット、2WISTED。「ヒップホップの聖地」、渋谷HARLEMの上のフロアに位置するBX CAFEにてTJOがインタビューしました。

2WISTED (REN & KM) PROFILE
Producer/DJとして国内はもとより海外でも活躍し、RedBullが主催する世界的DJコンペティション『RedBull Thre3Style World DJ Championships』の2014年Japan Champion/World FinalistであるRENと、日本語Rap業界において数多くの楽曲をプロデュース/リミックス、HIPHOPに根ざしたスタイルでありながらもTrap、Bass Musicシーンと交流が深いProducer/DJ、KMからなるプロデュースユニット。BEAT、EDM、POPなど、幅広いジャンルの楽曲を国内外に提供し、そのクオリティの高さは多方面の業界関係者から高い賞賛を得ている。

01_20160623_048
例えばハウスを作っても「あ、この人HIPHOP好きなんだな」って感じる瞬間あるじゃないですか。HIPHOPの考え方で自分のスタイルを確立している人がジャンルを問わず好きなんですよね。

TJO: 今日は2人の音楽のルーツでもあるHIPHOPについて。まずどのアーティストからHIPHOPに入ったか?教えてください。

KM: ホントにくらったのは、THA BLUE HERBのBOSS THE MCさん。「Sell Our Soul」っていうアルバムを高校生の時に聴いて、そこからアンダーグラウンドHIPHOPにハマりましたね。僕はもうそれ1本です。

REN: 僕はDJを始めた当時のDMXとかNas、Dr. Dreなど。ホント今もフロアでかかる鉄板のアーティスト、お客さんが盛り上がる曲から入っていった感じです。ただDJのかけ方によっても全然違って聴こえるし、その辺のアーティストの曲のアナログを買う事から入っていきました。

02_20160623_063

TJO: なるほど。たとえば、「これぞHIPHOP!」というラッパーを一人挙げるとすると?国内外問わず。

REN: 僕は国内だとANARCHYさんですね。DJを始めたのが京都で。ANARCHYさんも京都出身じゃないですか。京都のクラブでライブをされている時から「かっこいいラッパーだ!」って思ってライブを観に行ってて。地元の支持がすごいある人で、そこから今、東京に来ても活躍されてるという、そのスタンスが「ザ・HIPHOP」だと思います。ホントにリスペクトです。

KM: 僕もANARCHYさんですね。僕がDJをするクラブでも普通にかっこよく遊んでて、みんなにお酒を振る舞ったり。憧れの存在です。PVの世界からホントに飛び出してきたヒーローみたいな。あ、立ち振る舞いの話になっちゃいましたが、もちろん楽曲も好きです!

2人: 笑

03_20160623_179

TJO: 2人にとってHIPHOPとはなんですか?

REN: HIPHOPの漠然としたイメージって、イカツイ格好したラッパーがラップしているっていうのが一般的にあったりするかなと思うんですけど、そういった定説みたいなものを壊すことがHIPHOPかなと思ってます。例えば曲のサンプリングでも今までは80年代の曲をチョップ、フリップすることが主流だった時に、日本のゲーム音楽をサンプリングしてその上でラップしてて、それがイケてたりとか。今までになかったアイデアを新しく取り入れてこれまでのモノを良い意味で超えて、自分をかっこよく表現する何でもありな音楽がHIPHOPなのかなと僕は思います。

KM: 僕はジャンルというかHIPHOPの考え方に基づいて動いてて、例えばハウスを作っても「あ、この人HIPHOP好きなんだな」って感じる瞬間あるじゃないですか。HIPHOPの考え方で自分のスタイルを確立している人がジャンルを問わず好きなんですよね。だから間違いなく、僕にとってはジャンルという概念では無いですね。考え方。

TJO: わかりました!来週は2WISTEDの「未来」の話を聞いていきます。

2人: よろしくお願いします!

2F_floor3HARLEM(ハーレム)
1997年のオープン以来、日本における“HIP HOPの聖地”として支持され続けているHARLEMは、今日では日本はもとより海外でもその名を知られるようになっている。
住所:〒150-0044 東京都渋谷区円山町2-4 Dr. ジーカンスビル2・3F TEL:03-3461-8806

OTHER ARTIST
続けて読みたい! あなたにオススメの記事